メニュー

長崎孔子廟

長崎孔子廟は、1893年(明治26年)に、清国政府と在日華僑が協力して建立したもので、その後いくどかの改修を経て現在に至っています。

中国山東省曲阜にある総本山なみに、建物の随所に壮麗な伝統美を凝らした、日本で唯一の本格的中国様式の霊廟です。

孔子廟
屋根瓦
大成殿

孔子について

孔子

孔子

『論語』で知られる孔子は、中国の春秋時代の思想家です。

今からおよそ2500年ほど前、紀元前552年魯の国の曲阜郊外(現山東省曲阜市)に生まれました。
孔子の時代は、周王朝が崩れ、諸侯が対立抗争した動乱期でした。
孔子は魯の定公に召されて要職にも就きましたが、その後職を退き諸国を歴遊。14年後に祖国の魯に帰り、弟子の教育と研究に専念しました。
紀元前479年没す。74歳。

孔子の死後、門弟たちは彼の言行や子弟との問答などを集めた『論語』を編纂しました。

曲阜大成殿
曲阜孔子大成殿

長崎孔子廟沿革

長崎孔子廟のルーツは、約370年前、向井元升の長崎聖堂にはじまります。

明治になり長崎聖堂が廃止となったので、長崎の華僑が中国清政府と協力して建立したのが、今日の長崎孔子廟です。

1900年代には「長崎華僑時中小学校」も併設しましたが、児童の減少により83年間の校史に幕をおろしました。

長崎孔子廟の沿革