孔子廟公式ブログ

孔子廟の今を長崎孔子廟・歴代博物館の副館長「小林」が毒とパンチを効かせてお届けします。

文化的な孔子廟・幻想的な夜。ぽっぺんぽっぺん。

2020.10.10

皆様こんにちは。
肌寒くなって参りましたね。すっかり秋の気配がむんむんです。
副鼻腔炎患者にとっては辛い季節です。
チクナインを毎日飲んでおります。効いてるような気がします。
あと一息といったところでしょうか。

幻想的夜遊び

折々でブログでお伝えしておりました、孔子廟発となる夜間創造プロジェクトについて。
長崎市リーディング事業助成金を活用して取り組むこととなるこのプロジェクトですが、
コンセプトは“幻想的な長崎孔子廟で文化的な夜遊びをしましょう”でございます。

実績としましては、長崎市の冬の一大イベント「長崎ランタンフェスティバル」で孔子廟は
会場の一つとなっています。
その際に装飾されるのは、オブジェと“長崎燈會”の文字が書かれたランタンであります。


長崎燈會&真っ赤なランタンはランタンフェスティバルの象徴です。

当施設が創造する夜間イベントは、違った印象の夜をお届けできるといいな、思っております。

長崎と言えばビードロ細工。
連想して思い出したのが、子供の頃集めていたキラキラしたもの達。
カラス並に光り物が好きだったあの頃。
夢中で通販してたサン宝石(りぼん読者ならご存知でしょう)
遠くから聞こえるぽっぺんぽっぺんぽっぺんぽっぺん・・・。

となれば、やはりベトナムのホイアンランタンではないでしょうか。

どこまで実現可能か悩み所ですが、目指すは色とりどりの幻想的なランタンに
彩られた長崎孔子廟でガチャガチャ催される文化的なアトラクション。
つい訪れて夜遊びしたくなるようなイベントを開催したい所存です。

ランタンのサンプル達。
ホイアンランタンで実際に使われてるランタンですっ。

年間を通して継続して実施されるこのプロジェクト。
変面ショーや中国に由来する演目のみならず、長崎で活動されるパフォーマーの
方々も披露して頂けるステージにしていきたいです。
そして訪れた皆様に、文化と芸術を通じて心豊かに。
カルチャーとエンターテイメントを体感できる場所に。
孔子廟をそんな場所に昇華する事が目標です。

長崎バスターミナルホテルに泊まると・・・。

長崎孔子廟は長崎市・大浦町に所在します。
大浦町は長崎市の中心部に近く、少し歩くと新地中華街がございます。
新地中華街の超近隣に「長崎バスターミナルホテル」さまがございます。
立地もよく、先日改装されたばかりでエントランスは超シック且つ高級感溢れる雰囲気です。
この度長崎バスターミナルホテルさまと提携して、孔子廟入場+お線香付きの宿泊プラン
取り扱って頂きました。
立地柄、ビジネスマンの宿泊が多いそうですが、そんなビジネスマンさんに今強く言いたいです。

「ちょっと空いた時間に孔子廟で参拝するのもあら良し、うん良し、実に良し」

スーツを着込んだビジネスマンが一人孔子廟で線香片手に思い詰めた顔で参拝する姿・・・。
深刻・・・ 乙なものではないですか。
真面目な話、ビジネスに根詰めてしまう出張時。孔子廟で参拝をする事で
少しの息抜きと非日常感を味わって、明日の英気を養って欲しいな。。。
というのが本音です。

参拝中の館長を激写した写真。
こんなに鬼気迫った表情。孔子廟の今後の行く末を案じていたのでしょうか。

孔子廟HPに長崎バスターミナルホテルさまのリンクバナーを掲載しております☆