孔子廟公式ブログ

孔子廟の今を長崎孔子廟・歴代博物館の副館長「小林」が毒とパンチを効かせてお届けします。

嬉し過ぎた事。

2019.05.13

皆さん、こんばんは。夜が暑かったり、肌寒かったり落ち着きませんが、私だけでしょうか?
寒くて目が覚めたり、寝汗で目覚めたり、何だか変な気温。。。

私の愛猫は、暑かったら足元で寝て寒かったら顔の横に来るのですが、その動作を繰り返すので、
・・・私寝不足なんです。動きが忙しない泣
でも可愛いです。狸とフクロウを足して2で割ったような顔と毛色をしていますが。
要するにあまり可愛い顔ではなく、毛色も微妙という事です。加えて鳴き声がだみ声。

もう15歳でおばあちゃんですが、歳を重ねるごとに人間に近づいていってるような気がします。
あと何年一緒に過ごせるか分からないけど、一緒に過ごせる時間を大事にしたいです。


『黒龍舞術団さま』

先日、黒龍舞術団さまの変面ショーを拝見しました。
先にFacebookでも掲載しておりましたが、大変素晴らしいショーでした。

自身は何度も何度も団長の高取さまのショーを動画で繰り返し見ていました。
当たり前ですが、実際目の当たりにすると感動もひとしおでした。

事前に別のアトラクションが一つ行われ、そこから暫く間を空けての変面ショー。
お客様も歓談に花が咲いており、席を立っておられる方も相当数・・・。
ですが、そのような雰囲気を一瞬で持っていかれた高取さまのショー。
最後はどよめきと歓声と割れんばかりの拍手で終了となり、
私は終始、棒立ちでした笑 ザ・釘付けみたいな。本当に・・立ち会う事が出来て
幸せでした~・・・泣

その後、近隣の鰻屋さんで会食までご一緒出来ました。
高取さんが、鰻食べてる。。しかも蒸籠蒸しを。。箸使い綺麗ですね。
どんな感動だ、という感じですが。でも高取さんをずっと動画で見ていて、
ご本人が自分の前で鰻を食べておられたら、そのような感想になるのではないでしょうか。

写真まで快く承諾していただけました。

う、嬉しいです泣

変面のお話も沢山しました。思えば、自身が外部の変面師さまと接する機会というのは
あまりなく、この時間はとても嬉しく、心地よい時間だったな、と後から振りかえって
しみじみとなります。
未来君も高取さんをリスペクトしております。 日本人で、若干16歳で単身中国に渡られ、
本場の一級俳優に師事を受け、以後独立して、自身でここまで団を大きくされた、という
高取さんの生き方と経歴に感銘を受けるのでしょう、技術力も当然の事。
(未来も高取さんに会いたかっただろうなぁ)と何度か頭をよぎりましたが、
入院中の未来君にリアルタイムで高取さんの鰻写真を送る事が精一杯でした。
余計ジレンマを感じるっちゅーねん。

ですが、、、。未来君に嬉しいサプライズが起きました。

会食が終わり、高取さんの私物である如意棒を見せていただいた所、
何と、棒術を行う未来君に一本プレゼントします、とお手製の如意棒を
くださったのです。

こ、これは・・・未来君嬉しすぎて血圧上がって退院が延びるんじゃなかろうか。

そもそも、ご自分で納得いくよう装飾して工夫を施した、言わば一点ものである、
貴重な如意棒を他変面師にプレゼントしてくださるなんて、、、。
高取ファン指数がまた上がってしまいました。ギュイーン。

未来君、よかったね。一生懸命頑張ってたら、悪い事ばかりじゃないね。退院した暁には、

棒術練習、頑張ろうね!!(プレッシャー 

しっかし、高取さんの如意棒見たら如何に私が作った如意棒がよろしくなかったか
痛感でした。 まず材質が違うし、装飾の仕方も・・。本格的な如意棒はしなるんですよね。

比べて未来君の如意棒は、、一ミリもしならないし装飾は控えめだしで、
半ば押し付け気味に渡した自分作如意棒、、、
未来君、やり辛かっただろうなとちょっと申し訳なくなりました。

高取様、本当にありがとうございました。これからも末永くよろしくお願いいたします。

そんな嬉しい先週末の出来事でした(*´▽`*)☆

それではっ☆