長崎孔子廟の歴史

HISTORY CONFUCIUS SHRINE KOUSHI-BYO

長崎孔子廟のルーツは、江戸時代に向井元升が創建した長崎聖堂にまで遡ります。
約370年前にわたる長崎孔子廟の歩みをご紹介します。

  • 正保4年
  • 創建元年

江戸時代の本草学者、医師である向井元升が、長崎市興善町に長崎聖堂‧孔子廟を創建する。

その他の主なできごと

俳諧師の松尾芭蕉が生まれる(1644年)

  • 正徳5年
  • 創建70年

向井元升、孔子廟を馬場郷銭座跡に移転する。

  • 安政6年
  • 創建221年

聖堂を改め教授所と名称、 物改役も教授役と改められる。

その他の主なできごと

タウンゼント‧ハリスが初代駐日公使に就任する。

  • 明治4年
  • 創建224年

学制改革で聖堂関係諸役所廃止となり 聖堂は向井家の私有となる。

その他の主なできごと

岩倉使節団が欧米に派遣される。

  • 明治25年
  • 創建245年

大浦乙三二番地(現在地)に用地を確保する。

その他の主なできごと

第2次伊藤博文内閣成立。

  • 明治26年
  • 創建246年

二月、長崎孔子廟起工、十一月竣工

その他の主なできごと

ディーゼルエンジンが発明される。

  • 明治39年
  • 創建258年

孔子廟内に長崎華僑時中小学校を創立

同郷会相概福建料、三江南、広東神等で公有管理。長崎県知事および、中国教育省公認の学校となる。

その他の主なできごと

シベリア鉄道が開通する。

  • 昭和9年
  • 創建287年

旧長崎聖堂、県へ寄贈

その他の主なできごと

忠犬ハチ公銅像除幕式

  • 昭和34年
  • 創建312年

旧長崎聖堂解体、杏極門を興福寺に移転保存

その他の主なできごと

NHK教育テレビの放送が始まる。

  • 昭和42年
  • 創建320年

改修工事により現孔子廟の姿となる

改修工事にともない、長崎華傷時中小学校は孔子制前の地 (現駐⾞場)に新楽移転する。

  • 昭和50年
  • 創建300年

一時、中国現代美術工芸館と称する

その他の主なできごと

子門真人の「およげ!たいやきくん」がリリースされる。

  • 昭和58年
  • 創建336年

中国歴代博物館を併設

その他の主なできごと

千葉県浦安市に東京ディズニーランド開園する。

  • 昭和63年
  • 創建341年

長崎華僑時中小学校閉校

児童減少により、時中小学校は閉校となり、孔子廟内に「長崎時中語学院」が新設される。

その他の主なできごと

⻘函トンネルが開業する。

  • 平成2年
  • 創建343年

中国歴代博物館(北京故宮博物院展⽰場)を新設

その他の主なできごと

『ちびまる子ちゃん』が放送開始、大ヒットし流行語対象を受賞

  • 平成24年
  • 創建365年

博物館三階に長崎孔子廟史料館を新設

その他の主なできごと

「東京スカイツリー」が5月に電波塔・観光施設として開業

  • 平成25年
  • 創建366年

博物館二階を中国歴代⽂物展⽰館に改装

その他の主なできごと

2020年夏季オリンピック(五輪)の東京誘致決定