長崎孔子廟

長崎孔子廟は、1893年(明治26年)に、清国政府と在日華僑が協力して建立したもので、その後いくどかの改修を経て現在に至っています。
中国山東省曲阜にある総本山なみに、建物の随所に壮麗な伝統美を凝らした、日本で唯一の本格的中国様式の霊廟です。

孔子

『論語』で知られる孔子は、中国の春秋時代の思想家です。
今からおよそ2500年ほど前、紀元前552年※魯の国の曲阜郊外(現山東省曲阜市)に生まれました。
孔子の時代は、周王朝が崩れ、諸侯が対立抗争した動乱期でした。
孔子は魯の定公に召されて要職にも就きましたが、その後職を退き諸国を歴遊。14年後に祖国の魯に帰り、弟子の教育と研究に専念しました。
紀元前479年没す。74歳。
孔子の死後、門弟たちは彼の言行や子弟との問答などを集めた『論語』を編纂しました。
※紀元前551年生誕の説もあります。

ご利用案内

開館時間

※現在時短営業中
10:00~16:00(最終受付は15:30まで)

休館日

なし

※博物館の展示入替その他特別に休館する場合は、当ホームページにて事前にお知らせいたします。

入場料

一般 (税込)
大人 660円  高校生 440円 小・中学生 330円

 ※ 金額は、博物館の観覧料込みの金額です。

団体 (税込)

大人 528円 高校生352円 小・中学生264円
※ 団体は、20名様以上の団体割引金額です。
※ 金額は、博物館の観覧料込みの金額です。

長崎市内の小‧中学校及び、全国の特別支援学校の入場については、減免申請が可能です。入場料減免申請書にご記入の上、あらかじめ孔子廟へご提出ください。

お問合せ

書写コーナー

西廡回廊および博物館1階に、論語などを書写できるコーナーを設けています。ご来館の記念にご利用ください。

書写体験料 : 無料

※ 材料費として多少のお志をいただければ幸いです。

ガイド

館内ガイドをご希望の方は,事前に電話にてお問い合せください。

ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

ガイド料金:2200円(税込)

お願い

博物館内は撮影禁止となっています。

指定の喫煙所以外は、全域禁煙となっています。

ご協力をお願いいたします。

駐車場

大型バス2台……観覧利用のみ無料(事前のご予約が必要です)

普通車等は、近隣のコインパーキングをご利用ください。

長崎孔子廟の歴史

長崎孔子廟のルーツは、江戸時代に向井元升が創建した長崎聖堂にまで遡ります。
約370年前にわたる長崎孔子廟の歩みをご紹介します。

1647年

正保4年

江戸時代の本草学者、医師である向井元升が、長崎市興善町に長崎聖堂‧孔子廟を創建する。

1717年

正徳5年

向井元升、孔子廟を馬場郷銭座跡に移転する。

1859年

安政6年

聖堂を改め教授所と名称、 物改役も教授役と改められる。

1871年

明治4年

学制改革で聖堂関係諸役所廃止となり 聖堂は向井家の私有となる。

1892年

明治25年

大浦乙三二番地(現在地)に用地を確保する。

1893年

明治26年

二月、長崎孔子廟起工、十一月竣工

1905年

明治39年

孔子廟内に長崎華僑時中小学校を創立
同郷会相概福建料、三江南、広東神等で公有管理。長崎県知事および、中国教育省公認の学校となる。

1934年

昭和9年

旧長崎聖堂、県へ寄贈

1959年

昭和34年

旧長崎聖堂解体、杏極門を興福寺に移転保存

1967年

昭和42年

改修工事により現孔子廟の姿となる
改修工事にともない、長崎華僑時中小学校は孔子廟前の地 (現駐⾞場)に新設移転する。

1983年

昭和58年

中国歴代博物館を併設

1988年

昭和63年

児童減少により、併設されていた長崎華僑時中小学校は閉校となり、孔子廟内に「長崎時中語学院」が新設される。

1990年

平成2年

中国歴代博物館(北京故宮博物院展⽰場)を新設

2011年

平成23年

長崎ランタンフェスティバル会場となる。

2012年

平成24年

博物館三階に長崎孔子廟史料館を新設

2013年

平成25年

博物館二階を中国歴代⽂物展⽰館に改装

2014年

平成26年

公益財団法人長崎孔子廟中国歴代博物館を設立